All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'08.26 (Thu)

FT インタビュー 


『BEAUTIFUL JOURNEY』がダウンロード数で絶好調です。
もぅ、うれしいです。
いよいよ明日、テレビでお披露目。
今回、是非1位を取ってほしいね!

で、FTのインタビュー。じっくり読んでくださいね、翻訳機にかけたものなんで、よくわからないところもあるけど、大人になったなぁと感じます。

5人組バンド FTアイランドが、新しいアルバムを持ってカムバックした。 26日に発売されるミニアルバム『ビューティフルジャーニー』 ( Beautiful Journey )は、日本での成功的なメジャーデビューを行ったFTアイルランドの音楽的色彩が少しずつ露見アルバムである。

タイトル曲'愛愛愛'は、 FTアイランドの既存の曲とは全く雰囲気が変わった。弦楽オーケストラが消え、その場で冷静なバンドサウンドが地位を確立した。
2007年のデビュー後、ずっと『アイドル』という評価を脱することができなかったが、今では自分の『アイドルではない』と考えること、これらを最近会った。

FTアイランドは、いつの間にか少年から青年に成長していた。デビュー3年ぶりにアジアツアーでは数万人の観客を動員している青年のバンドにふらりと育ったもの。

"私たちは『アイドル』という考えは、以前にしまいました。実際の放送より公演をたくさんしていて、私生活でも『アイドルな'の制約のようなこともありません。 "(イホンギ)
"前よりもファンもはるかに減っていた。しかし、音楽が良くなったからむしろ今がわかりました。それを分かってくれるファンのこともあり、...現在、私たちは、自分の本当の'バンド'と考えています。 "(ジョンフン)
実際にこれらは去る5月から日本のメジャーの舞台で活動し、 オリコンチャート 3位まで上がった。 2年以上地元のインディーズで活動し、積み重ねてきた人気で、最近開催された日本の全国ツアーで2万人の観客を集めることもした。

8月上旬には、日本代表ロクペスチボルイン『サマーソニック』の舞台に上がって、その中に磨いた実力を遺憾なく発揮した。

しかし、まだ多くの人が" FTアイランドがアイドルだろ、どんなバンドだ"と頼む。

リードボーカルのイホンギは"人々の思考を変えるのは単純なことではないだろう"としながらも"いつかは私たちの努力を知っているのでしょう"と悲しそうに笑った。

ドラムを担当しているミンファンウン"まだ私が幼い頃そのようなことだ"と惜しさを現わした。今年18歳の彼はたくましい声で"人々が『その幼い頃何か見てみよう』と考えているようだ"と述べ、"末っ子たちも大人になり、私たち自ら曲もたくさん作成すると、 (国民の認識が)よくはないか"と述べた。

これらの主張は、 『成長』にポイントが当てられていた。これは、デビュー当時の姿で、完全に変わっていますが、まだその時の姿だけを見るようで残念だということ。

彼らは、アイドルスターとして華やかにデビューし、スポットライトを受けるときに、熱狂する少女ファンを後にし、日本のインディーズ活動を開始した。若いアイドルとして容易ではない選択だっただろう。

これらは、 'ブレークダンス'ではなく'楽器'を選択し、東京のクラブの舞台を転々とした。ますます音楽を聞いてくれる彼らが起こり、自分の演奏を好んでくれるファンに会って自信を得た。常に掲載される悪意のあるコメントに心が崩れることも多かったが、 "それでも私たちは音楽が好きだから"とお互いをダドクだった。

FTアイランドのメンバーは、最近の曲を作る楽しさにすっかりはまっている。だれでも"当初、バンドは、自分の音楽を演奏する必要があるのではないか"とボルメンソリをしますが、これらは気にしない。 "私達はより多くの学び、さらに成長するだろう"と堂々と言うことができるのである。

"時には、悪意のあるコメントを見てオクウルヘ画家の日もだ。ところが、あまり悪口をモクウニ慣れるんですよ。ただそのようなところに気にしないで練習やしよう、そう思います。 "(ソンスンヒョン)←さすが、すんひょん!(by ○す)
"数日前のもう一曲を仕上げ、日本の会社に送りました。そこでどのような反応が聞こえるとても興奮していない。これを少しずつと、すぐに私達ソンウロマン作成したアルバムを出すことがあるはずだ。ほんの少ししか残ってます。実際に" (イホンギ)
デビュー4年目で徐々に自分たちの声を行き方FTアイランド。彼らは、デビュー4 〜5年目になると寿命が果たすことを、既存のアイドルグループよりも自信に燃えていた。自分の欠点を知っている『成長する』という意志が旺盛なこの五人の男に先に'アイドル'ではなく'バンド'という修飾語が当たり前てジギル期待してみる。

一方、これらは26日、オフラインで2番目のミニアルバム『ビューティフルジャーニー』を発売し、本格的な活動に突入する。

スポンサーサイト

テーマ : FTisland - ジャンル : アイドル・芸能

21:43  |  FTisland  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: なんか

今までの努力が身を結んで来た感じがするよね。彼らも、手ごたえを感じてるハズ。それが嬉しいです!
さとこさん | 2010年09月01日(水) 00:39 | URL | コメント編集

なんか

うるっときました。
さとこ | 2010年08月26日(木) 23:17 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://marusumeisou.blog76.fc2.com/tb.php/1233-403a23d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。