All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.21 (Sat)

2PM ハイタッチ



行ってきました!
2PM ハイタッチ!!!

延べ人数 4万人だったって。すごいね。
写真はこちらからお借りしました。
ハイタッチ後のインタビューも乗ってます。 →アジアンハナ

10時頃についたときには
もうすでに長蛇の列。
列がどこから始まって、どこで終わってるのか、わからんよぉ。

でも、さすがパシフィコ横浜
大人数のイベントでも客あしらいが上手いです。
予想外の日差しには悩まされたけど
どんどん列が進んで、期待が高まりました!

会場に入ると
一段高いところに6人の姿が!
暗幕の後ろに隠されちゃうハイタッチも最近多いですが
メンバー全員の様子が見える!!!
うれしいですね。
会場入り口からでも
ニックンの筋肉の盛り上がりが見えるぅぅぅ
(ハナヂ ぶーです)
(背が高くてよかった。遠視でよかった)

大人数のお相手ということで
肘をついて、片手でタッチのスタイル
様子を見ると、まだジュノだけは両手でハイタッチをしてるみたいでした。


私のカードは、ニックンと、テギョン
私にとって最強カードです。
どっちに先に行くか、大いに悩みましたけど、

一刻も早く会いたいニックン
取っておきたいテギョン

ということで、ニックンにまず並びましたよ。

はぁぁぁ。美しすぎる。
にこにこしている、目元が優しすぎる。
小さい子供には階段下から手を振ってあげてるし。

タッチは、もちろん、一瞬の出来事でした。
でもね、係員さんに引っ張られることもないし
穏やかな一瞬。
一言話しかける間があるって言うか、
目と目を合わせる瞬間を持てるって言うか、
いい一瞬でした!



他のメンバーがタッチしているところを
眺めながら、2回目にダッシュ
もうちょっと、ニックンの余韻に浸りたいとこでしたが
外に出たら
最初以上の長蛇の列
臨港パークの方まで、伸びていて、くねくねうねうね。
海際って日差しが強いですよね。
ジリジリ焼けてる感じ。

1時間後くらいにやっと会場入りしました。

後ちょっとでタッチ!ってところでメンバーが休憩。
席を立つ前後に手を振ってくれて、ちょっと得した気分
ジュンスなんか、曲に合わせてTAKE OFFのポーズまでしてくれました。
(休憩は30分弱。結構たっぷり取るんだね。
でも、4万人のお相手だから必要だよね)

そして、いよいよテギョン!

でも、ここでがっかりしたことが orz

テギョンの後ろに立ってる係のお姉さんが
テギョンに話しかけてて
テギョンはそっちの話を聞くのに気もそぞろ。
お姉さんが扇子でテギョンをパタパタ扇ぎながら
話してるんで、(雑談なら後にして!!)と思っちゃった。
ぶ~~~~~~。
顔はニコニコしてこっちを向いてるんだけど
ニックンの時みたいな交流が感じられなかった(泣)

いいも~ん、そのかわり、テギョンの指を握ってきました、へへへへ。
私の大好物、細く長い指

至近距離で見るテギョン
目力、目力。

ニックンもだけど
どうしてあんなにお肌ツルツルなの???
あの透明感、ほしいぃ!
物凄く忙しくて不規則な生活のはずなのにね。



他のメンバーは印象だけだけど…

ジュノはずっとニコニコしてて楽しそう。
1人1人にありがとうって言ってくれてたみたい。

ジュンスは、1人1人にかける時間が長そうだった。
丁寧なんだね。

ウヨン、あの中だと小さくみえる、どんだけぇ。
チャンソン、背中向きでよく見えなかった(泣)



終わってからえりおねちゃんが会いに来てくれて
うれしかった!
また会えるかな(*^。^*)

JYP NATIONS 
行きた~~~~~~~い




スポンサーサイト
21:06  |  2PM  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://marusumeisou.blog76.fc2.com/tb.php/1303-75d99b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。